群間比較試験(並行群間比較試験)

治験における試験デザインの1つで、
現在、最も一般的な治験デザインです。

薬剤及び治療法の効果を評価するため、
被験者を
被検薬群(処置を受ける群)と
対象薬群(プラセボまたは実薬、処置を受けない群)
に無作為に割り付け、

各群同時並行
指定された期間投与し、
結果を比較評価して、
薬剤及び治療法の効果を検討する方法。

通常は、二重盲検法によって行われる場合が多く、
二重盲検試験の代表的な試験デザインとなっています。

→ クロスオーバー比較試験 
→ 二重盲検法、二重盲検比較試験
→ 単盲検試験
→ 非盲検試験
→ 漸増試験 
→ 要因試験 
 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ