合剤(compound drugs)

何種類かの同じような薬効、あるいは、
異なる薬効を持った成分を
1つの薬の中に配合した医薬品を
合剤(ごうざい)と言います。

配合剤とも言います。

複数の成分を組合わせることにより、
単一成分による薬(単剤)よりも、
効果を高めたり、
副作用を抑え安全性を高めたり
することができます。

合剤の中でも、
副作用を抑え、同時に、
作用が弱い(穏やかな)タイプの合剤は
高齢者にとって安心して使える医薬品として
重宝されています。

▲Top

合剤のメリット(医療機関)

医療機関で、
「効果は高いけど、胃が荒れるから、
 もうひとつ 別の薬出しておきますね〜」
と患者に言う場面がよく見受けられます。

製薬企業は、
臨床の現場で他の薬と組み合わされて処方される
ことが予想される場合、
単独の薬で処方できるよう、
あらかじめ合剤として開発・販売します。

医療機関では、
合剤を使用することで、
医師の処方の手間が軽減され
(複数の医薬品の組み合わせを覚えておく必要がなく、
 組み合せを間違えるリスクもない ) 、
医療機関における保管スペースも節約できます。

▲Top

合剤のメリット(製薬企業)

製薬企業としては、
医師・医療機関が使いやすい医薬品
として改良することにより、
販売量の増加が期待できます。

開発コストの節約というメリットもあります。
合剤の開発においても、
やはり臨床試験は必要とされますが、
小規模な試験や限定的な試験だけ済む場合も多い。
その為、他の全くの新規化合物による治療薬と比較して
低コストで開発できます。

また、当該医薬品の特徴も、
これまでの単剤による使用によって、
ある程度明らかになっているので、
未知の副作用の発現による開発中止のリスクも低い

さらに、合剤はジェネリック対策にも有効です。
新規開発の合剤には新しく特許が認められ、
単剤における薬効成分の特許が切れても、
合剤のジェネリックについては製造できません。

少ない開発費用(研究開発〜治験までのコスト)で、
法的な保護期間を延長することができ、
ジェネリックメーカーを気にせず、
既存製品ブランドのてこ入れと共に寿命を延長できる
というメリットがあります。

まさに、合剤の開発は、製薬企業にとって、
財務的リスクを回避できる安全パイであり、
1粒で2度 おいしい戦略だといえるでしょう。

▲Top

合剤のメリット(患者)

患者にとっても、
処方された複数の薬(単剤)を服用するよりも、
合剤は手軽でQOLも高く
服用ミス(一方の飲み忘れ、服用比率のミス)を防げる
点でも安全です。
作用が弱い(穏やかな)タイプの合剤は
高齢者にとって安心して使えるというメリットがあります。

また、単剤を別々に服用する場合に比べ、
配合剤の方が価格が安い、
つまり、
薬剤費の自己負担額が軽減される
といった経済的メリットもあります。

▲Top

合剤の例1

例えば、パーキンソン治療では、
有効成分(L-ドーパ)が
目標部位(脳)に達するまでに分解されないように、
分解を阻害する別の成分(L-ドーパ阻害剤)
と配合するタイプの合剤が用いられます。
この場合、
単剤に比べ効果は4〜5倍に達すると言われています。

合剤の例2

異なる疾患ではあっても互いに関連している場合、
同時に複数の疾患に罹病した患者が多く存在します。
この場合、そららの疾患を
ひとつの医薬品(配合剤)で同時に治療することにより、
患者の疾患全体の発症リスクを低下させることができます。

例えば、
高血圧症治療薬と高コレステロール血症治療薬を
配合剤にすることにより、
これら2つの疾患を同時に治療でき、
患者の心血管疾患全体の発症リスクを
低下させることができるのです。

なお、このように複数の疾患の治療薬を組み合わせる場合、
医師の処方の柔軟性(自由度)を保証する為、
複数の用量の組み合わせによる合剤
(配合比を変えた複数の合剤)
を販売する
といった現場への気配りも必要になります。

▲Top

合剤のデメリット

一見、良いこと尽くめのような合剤ですが、
デメリットもあります。

患者・医師にとってのデメリット

単剤に比べて効果が弱いため、
単剤ほどの症状の改善が望めません。
最低限の効果しかないという批判さえあります。

また、万が一、
配合剤の投薬によって副作用が生じた場合、
どの成分によるものなのか、
または、
成分間の相互作用によるものなのか、
原因の特定が難しくなります。

医師のデメリット

あらかじめ一定の割合に配合されているので、
特定の成分のみ量を増やすことができないため、
投薬治療の柔軟性、つまり
投薬計画の自由度が失われてしまいます。

結果的に治療が進展しなければ、
患者にとってもデメリットなのです。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ