服薬指導

◇ 病院からもらった薬を1日3回飲むのを
  うっかり忘れてしまう人
◇ 薬は副作用が怖いからと言って、
  病院から薬をもらっても決して飲まない人、
  また、1回に飲む量や飲む回数を減らす人
◇ 病院からたくさんの種類の薬をもらったが、
  全種類飲んだら身体に悪そうだからという理由で、
  一部の種類の薬しか飲まない人
◇ 病院から薬をもらったが飲み方が分からない人
◇ 間違った飲み方をしている人

など、身に覚えのある人はいないでしょうか?

薬を病院で受け取った人のうち、
約半数の人は薬を正しく飲んでない
という報告さえある位、
薬は正しく飲まれていないことが多いのが現状なのです。

薬を正しく飲まなければ、治る病気も治らない、
最悪な場合は、病気が悪化してしまうこともあります。

そこで、薬剤師が患者に薬を正しく飲んでもらうために、
薬の飲み方・使い方、
副作用、
生活上の注意
保管上の注意
など
医薬品の服用に当たって注意すべき内容について
患者に説明(指導)すること

を「服薬指導」と言います。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ コンプライアンス 
→ ノン・コンプライアンス

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ