第一選択薬(First-line Drug)       ---------- 第1選択薬

数ある治療薬のうち、
まず最初に投与するべき治療薬のこと。

略して、「ファーストライン」と呼ばれる場合が多い。

患者への安全性も考えて、
有効性がある程度高く、副作用が少ない治療薬が、
通常、第一選択薬となります。

ファーストチョイス(First Choice)
と呼ばれる場合もあります。

第一選択薬の次に試みるのが、

第二選択薬(セカンドライン:Second-line Drug)

となります。
ファーストラインで効果が無かった場合に、
多少副作用があっても、より効果が高い
治療薬(第2選択薬)が試されます。

製薬企業としては、売り上げを確保する為には、
医療の現場において、
ファーストライン、せめて、セカンドライン
になる必要があります。

▲Top

ファーストライン戦略

従来は、医師のマインドシェアを得る為に、
MRの医師に対する自社製品の情報提供活動
(プロパー時代は、営業活動・接待活動)
が重視されてきましたが、

今後は、特に、
エビデンスに基づいた適性使用情報
を提供することが、
ファーストライン、セカンドラインになる為の
重要な要素と考えられています。

そして、最近徐々にMRの提供する情報の内容が
従来の有効性、副作用に関する一般的な説明から、
エビデンスに基づいた詳細な適性使用情報
へと変わってきています。

これが、
科学的根拠(エビデンス)に基づくマーケティング
Evidence-Based Marketing
です。

また、特筆すべきは、
同じ疾患であっても、患者の症状・背景によっては、
ファーストライン、セカンドラインが異なってくる
こと。

自社製品に他社製品と異なる特性があれば、
それによる差別化が可能です。
疾患全体におけるシェアは低くても、
特定の症状を持つ患者においては、
ある程度のシェアを確保することが期待できます。

いわば、テーラーメード医療の1つと位置付けられ、
市場が細分化していくことが予想されます。
そのためにも、
疫学調査や大規模市販後調査、臨床試験等、
日頃のエビデンス収集が重要になります。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 疫学 
→ 薬剤疫学
→ 臨床疫学
→ 疫学研究
→ 疫学研究に関する倫理指針(2002年6月17日)
→ 疫学的調査 
→ コホート研究

→ EBM(Evidence-based Medicine)
→ 市販後調査とEBM
→ 市販後臨床試験
→ 市販後調査 
→ 特別調査 

▲Top


よく似た言葉に、

第一選択療法(First-line Therapy)
があります。

数ある治療法のうち、
まず最初に試みるべき治療法のこと。

やはり、略して、「ファーストライン」と呼ばれる場合が多い。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ