医薬品のライフサイクル(Drug Lifecycle)

一般に、
医薬品のライフサイクルと言う場合、
新医薬品が上市してから製造中止までの販売推移
を指します。

より、具体的には、
横軸を時間、
縦軸を当該製品全体の売上額として、
その期間の売り上げ推移曲線の描く形
だとも説明できます。

新医薬品が上市(誕生)してから製造中止(死亡)までの
販売推移グラフは、
人が生まれてから死ぬまでの活動エネルギー推移
と同じような形をした曲線を描く為、
医薬品の「ライフサイクル曲線」と呼ぶことができます。

一般消費財のマーケティングでは、

導入期(市場開発期)
  ↓
成長期
  ↓
成熟期
  ↓
衰退期

のように、
ライフサイクルを4つの時期に分けて、
各時期ごとに最適な販売・広告戦略を考える手法
がよく使われますが、
医薬品についてもそのまま当てはまります。

なお、「医薬品のライフサイクル」という言葉ですが、
環境的な視点、製品個々の視点から、
開発、生産から流通、配布、廃棄まで
を指す場合もありますが、
ここでは、 マーケティング的な視点から定義しています。

▲Top

医薬品のライフサイクルと企業戦略

通常、新医薬品は、
上市後、数年で売り上げのピークに達し、
その後は緩やかなカーブを描きながら減少、
あるいは、
強力な競合製品の参入により急激に、
売り上げが減少していきます。

この売り上げ推移曲線と時間軸
との間に囲まれてできる図形の面積が、
当該医薬品からの総売り上げすなわち、
総収入となります。

従って、製薬企業としては、
この図形の面積(総売り上げ)が最大になるような、
販売、販促戦略を考えなければなりません。

このように、
医薬品のライフサイクルを考慮しつつ、
当該医薬品がもたらす総売り上げを
最大化するような戦略を立て、実行することを
医薬品のライフサイクルマネジメント
と言います。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 医薬品のライフサイクルマネジメント
→ 製品のライフサイクルマネジメント

→ 物質特許 
→ 製法特許 
→ (医薬品の)特許期間 
→ ジェネリック(後発品) 
→ 先発医薬品(先発品)
→ バイオ関連の特許(参考ページ)

→ 薬価/薬価制度
→ 薬剤経済学(ファーマコエコノミクス)

→ 医療経済学(メディカルエコノミクス)
→ 薬剤比率
→ 医薬品フォーミュラリ

→ EBM(Evidence-based Medicine)
→ 市販後臨床試験
→ 特別調査 
→ 市販後調査 
→ 第W相試験

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ