ドラッグデザイン(Drug Design)

リード化合物から周辺化合物を作る際、
時には何百万通りもの組み合わせが考えられる
場合があります。

だからと言って、
コンビナトリアル・ケミストリーによって
ただやたらに周辺化合物を作り出しても、
後でその中から有益な化合物をスクリーニングするのに
時間がかかるだけで無意味です。

周辺化合物の合成においては、
効果的・効率的に行うことが重要です。

新薬開発研究者は、試験を繰り返す過程で、
化合物から得られるさまざまな情報を読み取りながら、
さらに必要な情報を得るためには、
また、より新薬にふさわしくなるような性質を得るためには、
化学構造のどの部分をどう変えればいいのかを推理します。

この過程をドラッグ・デザインといいます。

最近はコンピュータ・グラフィックを利用しますが、
新薬候補化合物を見つけ出す為の
最も効率的なアプローチ法を決め、
研究の方向を決めていくのは、
結局、最終的には研究者自身なのです。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ リード化合物 
→ ランダムスクリーニング、ヒット化合物 
→ コンビナトリアル・ケミストリー 

→ ゲノム創薬
→ プロテオーム創薬
→ バイオインフォマティクス 
→ ポストゲノム 
→ SNPs(スニップ) 
→ 遺伝子

→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス)
→ トキシコゲノミクス
→ オーダーメード医療(テーラーメード医療)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ