同等性試験(Equivalence Trial)

二つ以上の試験治療に対する反応が、
臨床的に重要な意味を持つほど異ならないこと
を示すことが主要な目的とし、
それによって、新薬の有効性を証明するよう
デザインされた臨床試験。

このことは、通常臨床的に許容できる差である
上側同等限界と下側同等限界の間に、
試験治療間の真の差が存在する可能性が高いこと
を示すことにより証明されます。

同等性試験の多くは、
新薬が対照に対して

一般にマージンと呼ばれる予め決められた大きさ
以上劣ることはないこと

を証明しようとする非劣性試験にあたります。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 非劣性試験 
→ 優越性試験

→ 生物学的同等性試験

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ