ダブルダミー(Double-Dummy)

臨床試験で二つの試験治療の区別がつく場合に、
医薬品投与時の盲検を維持する技法。

全ての治療の見かけを同じにしようとするよりも、
複数のプラセボ(「ダブルダミー」)を用いる方が容易な為、
実薬対象試験や複数用量比較試験などでよく用いられる。

例えば、
AとBという2種類の試験治療を比較する場合、
試験治療Aについて、
実際の製剤と共にそれと区別不能なプラセボを用意し、
また試験治療Bについても、
実際の製剤と共にそれと区別不能なプラセボを用意する。
被験者は二組の試験治療
( 一つはAの実際の製剤とBのプラセボ、
 もう一つはAのプラセボとBの実際の製剤)
のどちらかを受ける。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 盲検化
→ 二重盲検法、二重盲検比較試験 
→ 単盲検試験
→ 非盲検試験

→ バイアス 
→ 偏り 
→ 無作為化(ランダム化)
→ ランダム化比較試験(RCT)

→ プラセボ
→ プラシーボ効果

→ プラセボ対照試験

→ 実薬
→ 実薬対照試験
→ 治験薬
→ 被験薬
→ 対照薬  
→ 対照

→ 薬物  
→ 医薬品

→ 医療用医薬品
→ 薬剤

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ