DI業務(Drug Infomation Services)

医薬品情報管理業務 のこと。

製薬企業、薬局、医療機関など、
医薬品に関わる組織において、
日々刻々と変わる医薬品情報
常に 迅速かつ正確に収集分類整理管理し、
提供する業務。


医薬品メーカー、
国内外の研究機関、
厚生労働省、
マスコミ、
医療従事者(医師、看護師、薬剤師など)
などから日々報告されてくる
膨大かつ緻密な医薬品情報を扱う業務。

特に、
安全性(副作用)に関わる情報の見逃しや情報の紛失、
間違った情報の入手&放置などがあれば、
後で大きな責任問題となります。

医薬品に関わる業務の中で、
最も重要な業務の一つと言えるでしょう。

▲Top

医薬品情報の具体例

例えば、医薬品に関する次のような情報です。

○ 院内採用有無
○ 組成・成分
○ 性状・構造式
○ 用法・用量
○ 薬効・薬理・体内動態
○ 貯蔵法・使用期限・安定性
○ 配合変化・混注可否
○ 処方・調整法
○ 滅菌・消毒
○ メーカー情報・連絡先
○ 副作用・薬や飲食物との相互作用
○ 妊産婦・小児・高齢者・腎肝疾患・心臓病
○ 中毒・救急法
○ 上記に関するエビデンス(論文等)

製薬企業では、学術部が
医療機関では、薬剤部が
DI業務を担います。

DI業務の中でも、特に、
緊急安全性情報や添付文書の改定など
安全性に関わる医薬品情報の収集・管理・提供
が重要とされています。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 学術

→ 医薬品 
→ 医療用医薬品

→ 薬理学 
→ 作用機序 
→ 薬物動態学(PK、薬動力学)
→ 副作用 
→ 緊急安全性情報 
→ 使用上の注意
→ 医薬情報担当者(MR)

▲Top

日本病院薬剤師会が規定するDI業務

1.医薬品情報の収集,整理,保管および情報の加工と専門的評価

2.医薬品に関する情報の伝達

3.医薬品に関する質疑に対する情報の提供

4.薬事委員会への参画

5.臨床薬剤業務の支援または必要に応じた兼務

6.副作用の収集および伝達体制における病院内での役割

7.治験審査委員会への資料の作成および提供

8.医薬品の市販後調査への関与

9.医薬関連分野の学生や従事者に対する教育

10.DI担当者養成のための教育と訓練

11.DI関連の情報科学に関する研究

12.医薬品,家庭用品および農薬等の中毒情報の収集と伝達

13.地域における病院間のDI業務の連携

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ