サイトカイン(cytokine)

ヒトの体内で製造される化学物質のうち、
免疫を調整したり、
ウイルスに感染した細胞にダメージを与えたり、
細胞を増やしたり分化させたりする物質。
サイトカインには多くの種類があり、
それぞれが特異な作用を持っています。

ちなみに、「サイトカイン」は
細胞という意味の「サイト」と、
作動因子という意味の「カイン」の造語です。

▲Top

サイトカインと医薬品

当初サイトカインは

免疫系の調節炎症反応の惹起抗腫瘍作用といった、
免疫応答制御や免疫システムの恒常性維持
に重要な役割を果たす物質

として注目されていましたが、
最近では

細胞増殖分化抑制といった
生体の恒常性維持に重要な役割を果たす物質

であることが明らかになりました。

これらの物質を医薬品として使うことにより、
これまでの医薬品に無い効果が期待できるとして、
現在、注目されている医薬品分野です。

また、
体内で生産されるサイトカインの量は微量であるため、
医薬品として大量生産するには、
遺伝子工学の利用が不可欠です。
最近の遺伝子工学技術の急速な進歩と共に、
ますます期待される分野と言えるでしょう。

サイトカインで製品化された代表例は次のとおり。

インターフェロン(IFN)
インターロイキン(IL)
エリスロポエチン
コロニー刺激因子(CSF)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ