コントラクトMR(Contract MR)

CSO(医薬品販売業務受託機関)から
製薬メーカーに派遣されるMR
あるいは、
製薬メーカーからの業務委託により、
MR活動を行うCSO所属のMR
の総称。

▲Top

コントラクトMR活用のメリット

一般的にMRの給与は高額なので、
自社で固定費として抱えるよりも
CSOからMRを派遣してもらったり、
CSOにMR業務を委託した方が、
変動費として処理できるため、
経費節約として有効な手段となります。

新薬上市の時のように、
一時的にMRを増員したい場合に、
コントラクトMRを活用すれば、
後で、人員が不要になった時に、
契約を終了し減らすこともできます。

もし自社でMRを採用し、社員として抱えた場合、
人員が不要になった時に、
余剰人員として経営を圧迫する可能性があります。

つまり、コントラクトMRは、
人件費のリスク軽減という役目も果たします。

▲Top

コントラクトMRのコスト

コントラクトMRは通常、
受託契約の場合、
1人年間1千万円以上する場合が多く、
(派遣契約の場合は、より低額になる)
金額ベースだけを見ると、
自社で抱えるのと対して変わりません。

「コントラクトMRは意外と高い」
という声も多く聞こえますが、
賃金面で低くないのは、
他の業種の派遣社員の場合と同様です。

コントラクトMRの採用は、
人件費(年俸)の直接的な節約が第一目的ではない
(MRのモチベーションを維持する為にも、
 そうあるべきではない)
ことをまず、理解しましょう。

▲Top

コントラクトMR活用の営業戦略的メリット

通常、コントラクトMRの採用は、
営業戦略の視点から行われ、
人材の自由度を確保しつつ、
戦力を短期間でアップ
させます。

1.既存品のてこ入れ・売り上げ拡大
2.新薬上市時の販売力大量投入
3.即戦力による短期間の営業力アップ実現
4.専門領域MR採用によるプレゼンスの強化

▲Top

コントラクトMR採用のメリット(その他)

コントラクトMRの採用によって、
営業戦力のアップ(人材の自由度確保)
を実現できますが、
同時に、
社員MRを採用する場合に比べて、
次のような経済的メリットをもたらします。

1.固定費を流動費に変えること
2.将来的な人件費リスクの軽減
3.採用コストの節約
4.教育費の節約(CSOである程度教育する場合)
5.福利厚生費の抑制(意外と大きい)

▲Top

コントラクトMRの人数

2005年6月現在、
全国MR数66,000人のうち、
約2〜3%と推定されています。

欧米では、
全MRの10〜30%をコントラクトMRが占めており、
日本でも増加している傾向があります。 

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 医薬品販売業務受託機関(CSO) 
CSOリンク集

→ 医薬情報担当者(MR) 
→ コ・マーケティング

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ