コンビナトリアル・ケミストリー(Combinatorial Chemistry)

略して「コンビケム」。

大量多様な新規化合物を
ロボットアームによって、自動的に高速で合成する技術。
「コンビナトリアル合成」と呼ぶ場合もあります。

コンビナトリアル・ケミストリーは、
様々なビルディングブロックを
自在に組み合わせ(コンビナトリアル)て、
一挙に多様性を持つ化合物群(ライブラリー)を
合成する技術で、
1990年代に急速に発展・普及しました。

新薬開発において、
ランダムスクリーニングを効率的に行うには
大量に化合物を合成する技術は欠かせません。
ロボットによる自動化によって、
リード化合物の開発期間を大幅に短縮することが
できるようになりました。

従来であれば、
化学者は1年間で50〜100個のリード化合物しか作れなかったのが、コンビナトリアル・ケミストリーが誕生したおかげで、今では50,000個/年以上の化合物が作れるようになりました。

▲Top


コンビナトリアル・ケミストリーと周辺化合物

また、リード化合物をもとにして、
原子の並び方を少しずつ変えた化合物(周辺化合物)を
大量(多種類)に作る際にも、
コンビナトリアル・ケミストリーは使われます。

最初に発見されたリード化合物が、
薬としてある程度有効であっても、
その周辺化合物から、
さらに効き目も安全性も高いものがみつかるケースも
少なくありません。
たくさんの種類の化合物(周辺化合物)を作れば、
それだけ薬の候補を発見できる可能性が広がるのです。

それでも、偶然に頼るリード化合物探索法
であることには違いありません。

この作業をさらに短縮するものとして
期待されているのが、
ゲノム創薬です。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ リード化合物 
→ ランダムスクリーニング、ヒット化合物 
→ ターゲット・オリエンテッド・スクリーニング
→ ハイスループット・スクリーニング 
→ ドラッグデザイン 

→ ゲノム創薬
→ プロテオーム創薬
→ バイオインフォマティクス 
→ ポストゲノム 
→ SNPs(スニップ) 
→ 遺伝子

→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス)
→ トキシコゲノミクス
→ オーダーメード医療(テーラーメード医療)
 

▲Top



←治験ナビ・フレームトップページ