長期収載品( )

特許が切れた先発品で、
後発品がある医薬品のこと。

値段の安い後発品が出ても、
完全に市場を奪われることが無いのが、
日本市場の特徴です。

欧米と違って、
長期収載品はそのブランドイメージだけで
売り上げは結構落ちるものの、
しばらくは赤字にならない程度に、
食いつないでいけるということです。

医療機関や医師では、
いまだにブランド志向が強く、
また患者もブランド志向が強い。
後発品に対する信頼感も、まだ高くありません。

その為、
後発品よりもやや値段が高い長期収載品が、
しばらくの間は売れ続けるので、
結局、後発品による薬剤費総額の抑制が、
期待ほどは進まないのです。

そこで、薬剤費抑制のために、
長期収載品の薬価をいかに早く下げるかが、
現在の課題となっています。

現在2年に1度行なわれている薬価改定の頻度を
見直して、年に1度に増やすことによって、
市場実勢価格を正確に把握して、
長期収載品の薬価下落を早めたらどうか?
という極論さえ出てきています。

▲Top


〈 関連用語 〉

→ 後発医薬品(後発品)
→ 先発医薬品(先発品)

→ 物質特許  
→ 製法特許
→ (医薬品の)特許期間 
→ バイオ関連の特許(参考ページ)
→ 医薬品のライフサイクル
→ 医薬品のライフサイクルマネジメント
→ 製品のライフサイクルマネジメント

→ 薬価/薬価制度
→ 薬剤経済学(ファーマコエコノミクス)

→ 医療経済学(メディカルエコノミクス)
→ 薬剤比率
→ 医薬品フォーミュラリ 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ