治験ネットワーク( )

治験を効率的に行う為に、
複数の医療機関が手を結ぶ協力体制

のことを言います。

IRBや治験事務局を共有化したり、
被験者のリクルート、
CRCの採用を共同で実施することにより、
単独の医療機関で治験を実施するよりも、
低コストで効果的な治験実施が可能になります。

また、治験の実施経験がない医療機関であっても、
治験ネットワークに参加することにより、
ノウハウやスタッフの提供を受けるなど、
容易に治験を実施できるようになります。

▲Top


治験ネットワークの種類

現在、治験ネットワークには、
SMO、
同系列の医療機関、
大学病院や基幹病院を中心とした地域医療機関連携
都市の医師会、
日本医師会(治験促進センター)
など様々なタイプのネットワークが存在します。

▲Top

治験ネットワークのメリット

治験ネットワークによる主要なメリットは、

(1)効率化(実施率の向上、脱落例の減少など)
(2)質の確保
(3)医師の負担の減少
(4)地区間の対応の格差の解決

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 大規模治験ネットワーク 
→ 治験の活性化

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ