ケースコントロール・スタディ(case-control study)

疫学の研究方法(研究デザイン)の一つで、
症例対照研究、あるいは、
後向き研究(retrospective study)
とも呼ばれています。

最初に、
既に疾病にかかった人を「症例(case)」として選び出します。

次に、
この「症例」と性別や年齢などの要因が似た人を
「対照(control)」として選びます。

「症例」と「対照」の双方に対して、
疾病の原因と考えられる要因
(例えば食生活、嗜好品など)を、
過去にさかのぼって調査し、両者で比較します。

 
過去
現在
未来
前向きコホート研究  
要因分類
観察開始

観察
後ろ向きコホート研究
記録調査
要因分類

観察開始

観察
症例対照研究
ケースコントロールスタディ
(後ろ向き研究)

記録調査
要因分類
調査開始
 

▲Top


症例対照研究とバイアス

症例対照研究は、
既に疾病に罹患した者を対象にするため、
無作為割付臨床試験やコホート研究よりも、
手間や労力が少なくて済みますが、
その反面、仮説要因を過去に遡って調査するため、
過大申告、過少申告となる可能性があります。
これを、「思い出しバイアス」といいます。

また、症例及び対象を選ぶ際に、
結果が出やすいような人を選んでしまう可能性
があります。
これを、「選択バイアス」といいます。

→ バイアス 

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 後ろ向き研究(レトロスペクティブ・スタディ)

→ コホート研究
→ 大規模介入試験

→ 前向きコホート研究(前向き研究) 
→ 後ろ向きコホート研究 

→ 疫学 
→ 薬剤疫学
→ 臨床疫学
→ 疫学研究
→ 疫学的調査
→ EBM (Evidence Based Medicine) 

→ バイアス 
→ 無作為化

▲To

←治験ナビ・フレームトップページ