ブロックバスター(blockbuster drug)

新しい発想で作られた画期的新薬(ピカ新)で、
なおかつ、
その対象疾患領域でダントツの売り上げを誇る医薬品。

金額的には、通常、
世界的な年間売り上げにおいて、
ピーク時の売り上げが5億ドル以上の医薬品
をブロックバスターと呼ぶそうです。
(ボストン・コンサルティング・グループによる定義より)

また、
ピーク時の売り上げが 10億ドル以上
日本では、売上げ1000億円以上
の医薬品を「ブロックバスター」
と定義する場合もあります。

最近では、世界的な大ブームを引き起こした、
ED治療薬のバイアグラなどもブロックバスターです。

▲Top


ブロックバスター(blockbuster drug)

現在、製薬企業の多くは、
大型製品からの利益に依存しているのが実情です。

現に、1991年での
ブロックバスターが全医薬品に占める割合は
金額ベースでわずか6%に過ぎませんでしたが、
10年後の2001年にはそのシェアを45%にまで
伸ばしています。

製薬企業の成長、低迷は、
ブロックバスターを生み出せるかどうかにかかっている、
とさえ言われています。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ ピカ新 
→ ゾロ新
→ 新医薬品 

▲Top

ブロックバスター依存型ビジネスの問題点

一方、ブロックバスター依存型のビジネスは、
利益率を低下させると警鐘を鳴らす人もいます。
米国製薬企業の研究開発費は、
過去10年(1995年〜2005年)で、
約2倍に膨れ上がっている
というデータ(※)があります。

※英国製薬産業情報誌SCRIP
イアン・ハイドック・アジア編集長
2006年4月25日「CPHI JAPAN2006」講演

ブロックバスター狙いの研究開発は、
まさに油田を掘り当てるようなもの。
ギャンブル性が高く、外れた場合の損失が大きい。

開発費用が増加している一方で、
新薬開発の成功率が減少している。
規制当局からは、ますます
安全性・有効性の明確な証明を要求される
ようになってきています。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ