バイオマーカー(biomarker)

人間の健康状態を定量的に把握するための
科学的な指標のこと。

人が発する生体情報を数値化・定量化した指標。

特に、
診断分野におけるバイオマーカーの重要性が
注目されており、

疾患などに関連(起因)して発現する化学物質
の量・濃度・程度をあらわす数値
であり、
疾患の状態や変化、治癒の程度特徴づける指標

こそが、有用なバイオマーカーとされています。

▲Top


バイオマーカー(biomarker)

例えば、生活習慣病の指標として、
よく耳にする血糖値やコレステロール値などは
代表的なバイオマーカーです。

しかし、バイオマーカーが確立されていない分野が
まだ残されており、
新しいバイオマーカーを開発できれば、
特許で権利を固め、企業収益向上に大きく寄与できる
として、
多くの製薬企業やバイオベンチャーが研究しています。

▲Top

疾病予防の為のバイオマーカー

バイオマーカーは、
疾患にかかった後の治療効果の測定にも重要ですが、
疾患を未然に防ぐための日常的な指標として
期待されています。

バイオマーカーによって疾患が予防されれば、
患者の医療費負担軽減、
患者のQOLの向上
が期待でき、

結果として、
国の医療保険の負担軽減(医療費削減)
にもつながります。

▲Top

機能性食品とバイオマーカー

疾病予防の手軽な手段として期待されているのが、
コンビに等で簡単に入手できる機能性食品です。

近年のゲノム解析、プロテオーム解析の進展によって、
機能性食品の分野でも、
疾病予防のバイオマーカーの探索研究が開始されています。

バイオマーカーによって
機能性食品の機能評価法が確立すれば、
その有効性が科学的に証明されることになります。

また、混合診療が解禁されれば、
「医家向け機能性食品」という新たな市場が生まれると
期待されています。

→ 混合診療

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ