バイオインフォマティクス(bioinformatics)

情報科学と生命科学の融合領域で、
生命情報科学、あるいは、生物情報科学
と訳されています。

ゲノムの塩基配列情報やタンパク質の構造情報などを
コンピューター処理して活用する技術。

コンピューターを用いた
遺伝子およびタンパク質の構造・機能解析に始まり、
それらの分子の生体内での作用や
発現レベル、相互作用、病態との関わりなどの情報
を含んだ生体情報解析あるいは
データベース化するようなシステムの総称です。

▲Top


〈 関連用語 〉

→ 日本バイオインフォマティクス学会

→ ポストゲノム 
→ SNPs(スニップ) 
→ 遺伝子

→ ゲノム創薬 
→ プロテオーム創薬
→ ファーマコゲノミクス(薬理ゲノミクス)
→ トキシコゲノミクス
→ オーダーメード医療(テーラーメード医療)

→ リード化合物 
→ ランダムスクリーニング、ヒット化合物 
→ ターゲット・オリエンテッド・スクリーニング
→ コンビナトリアル・ケミストリー 
→ ハイスループット・スクリーニング 
→ ドラッグデザイン 

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ