バイオベンチャー(bio-venture (company))

独自の創造力、開発力をベースに、
新製品、新技術、新業態などを生み出して事業化する
中小企業を総称して、
ベンチャー企業」と呼びます。

そもそも、ベンチャー(venture)には、
「冒険」「投機」といった意味があります。

「ベンチャー企業」のビジネスは、
当たればその利益は莫大ですが、
外れたらその損害も莫大です。

非常に儲かる可能性があるかわりに、
リスクが高くギャンブル的な要素もあるので、
事業主、それを支援するファンド、キャピタルにとっては、
まさに「冒険(ベンチャー)」と言えるでしょう。

その中でも、「バイオテクノロジー」を駆使して、
研究開発を手がけ技術や製品としての実用化を目指す、
ベンチャー企業を、
バイオベンチャー企業」と呼びます。
通常は、略して「バイオベンチャー」と呼ぶことが多いです。

バイオベンチャーの中でも、特に、
遺伝子診断・治療技術や画期的な医薬品(新薬)などの
医療・医薬・健康分野については、
今後も市場が拡大していくと予想されるので、
多くのバイオベンチャーが参入しています。

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ