ベイズ推定法(Bayes Estimation)

統計学のベイズ定理を応用した
薬物動態パラメータの推定法。

母集団薬物動態パラメータの事前分布を仮定し、
個々の被験者から得られた血中濃度値を加味して、
当該被験者における薬物動態パラメータ値を推定する。

▲Top


ベイズ推定法(Bayes Estimation)

この方法を用いると、
個々の被験者から
数少ない測定点しか得られない場合においても
各被験者の
薬物動態パラメータおよび
血中濃度−時間推移
を推定することができるため、
特に臨床における患者データを解析する際に有用である。

TDM領域において、
血中濃度測定に基づく個別投与設計法
に臨床応用されている。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ ベイズ流の方法

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ