ベースライン対照試験

経時的な患者の状態が
その患者のベースラインの状態と比較される
試験デザイン。

▲Top


ベースライン対照試験

このような試験は時折
「自分を自分自身の対照として」
用いていると考えられていますが、
実際には内的対照は存在しません。

つまり、ベースライン対照試験では、
ベースラインからの変化が、
被験薬による治療が行われなかった場合に
その患者群に生じたであろうと考えられる状態
の推定値と比較
されます。

ベースライン対照試験は、
ランダム化した同時対照のない試験であり、
外部対照試験
であると言えます。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ 外部対照
→ 既存対照 

→ 対照
→ 対照薬

→ 被験薬
→ 治験薬
→ 実薬  
→ 実薬対照試験

→ プラシーボ効果 
→ ダブルダミー  
→ プラセボ対照試験

→ 二重盲検法、二重盲検試験
→ 盲検化
→ ランダム化(無作為化)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ