アンチセンス(Antisense)

蛋白を合成する(合成を指示する)
mRNA(メッセンジャーRNA)の塩基配列を、
センス、あるいは、センス配列と呼びます。

この配列に対して相補的な塩基配列を、
アンチセンス と呼びます。

正常の細胞内では、
DNA→mRNA→蛋白質という流れで
遺伝子情報が伝達されるのですが、
この遺伝子情報の流れを
人工的に合成したDNAで遮断(阻害)する方法を
アンチセンス法といいます。

▲Top


アンチセンス(Antisense)

mRNAの塩基配列がわかっていると、
アンチセンスRNA(またはアンチセンスDNA)の
合成が可能になります。

標的遺伝子のmRNAに相補的な
オリゴヌクレオチドを細胞へ投与し、
標的遺伝子の発現のみを特異的に抑制するのが、
アンチセンス法の原理です。

アンチセンスの遺伝子阻害効果を調べることで、
遺伝子が生合成プロセスにおいてどのような働きをするか
(遺伝子機能:gene functionalization)を特定できるので、
遺伝子機能ツールとして使用することができます。

また、アンチセンスは、
特定の遺伝子が医薬品の発見に有望な候補であるか
を判断するために役立ち、
医薬品として使用することもできます。

▲Top

〈 関連用語 〉

→ アンチセンス医薬品 

→ 抗体医薬
→ テーラーメード医療(オーダーメード医療)

▲Top

←治験ナビ・フレームトップページ