治験ナビ治験体験映画「サル」特集
<投稿・記事>

===================================================

私も〜 投稿者:西塔京四郎  

投稿日:2003年11月 1日(土)00時06分27秒

サイトに行ってはみましたが、
結局、そのページには、たどり着けませんでした。

せっかく宣伝投稿しても、
目的のコンテンツを探しにくいような
ホームページデザインならば
宣伝自体が無意味です。

「サル」「モルモット」・・・
これらは、
治験参加者(被験者)を
実験動物的な存在として揶揄した言葉です。

【揶揄】やゆ
 からかうこと。なぶること
 (三省堂提供「大辞林 第二版」より)

人間が、十分な説明を受け、
納得して参加しているのであれば、
なおかつ、
人権を損なわずに実施されるのであれば、
それは「治験」と呼べますが、
それがなされずに「被験者」にされた場合は、
まさに「人体実験(動物実験)」と呼ぶべきものです。

個人的には、動物としては、
「サル」より「モルモット」の方が好みですが、
そのどちらにもなりたくはありません。

ただ、「サル」というのは、
「人間」が退化した感じがして、
実に嫌な言葉ですね。
実験台にされているというだけでなく、
被験者自体を馬鹿にしている
という印象を受けます。

いずれにしても、
この映画を観た方の感想が聞きたいです。

===================================================

←治験ナビ・フレームトップページ