ニュルンベルグ綱領


1946年に、ドイツのニュルンベルグにて
第二次世界大戦中のナチスによって行われた
残虐かつ非人道的な人体実験を裁く為、
ニュルンベルク裁判」が開かれました。

この判決に基づき、
ナチスにの人体実験に対する厳しい反省をふまえ、
人体を用いて試験を行う際に遵守すべき十項目の基本原則
を定めた 「ニュルンベルグ綱領」(1946)が生まれました。

その中心となる原則が次の3つです。

 ○ 人間を対象とする必然性があること、
 ○ 科学的・医学的に妥当であること、
 ○ 対象者から(強制されない)自発的な同意を得ること

なお、この中では、
「人体実験」そのものを否定しているのではなく、
「医学研究」としての「人体実験」の有用性を認めた上で、
インフォームド・コンセント(説明に基づく同意)に代表される
患者の権利の認識を明確化しています。

IC(インフォームド・コンセント)という言葉は使用されていませんが、
ICの原型となる考え方は、ここで既に確立されています。

インフォームド・コンセントという概念の誕生発端が、
医療からではなく、薬物人体実験が発端であったことは、
ある意味では、皮肉な話です。

しかし、人体への危険性を考えれば、
未知の薬物の使用、
未知の用法・用量、
未知の疾患適用、
未知の治療法
の効果と安全性を調べる為に行う
人体実験(臨床試験)のリスクの方が
ある程度わかっている医療行為のリスクよりも
遥かに高い
ことは明白であり、
その点から考えると、当然なのかもしれません。

→ インフォームドコンセント
→ インフォームドコンセント発祥の真実
→ 患者の権利章典 
→ ヘルシンキ宣言
→ 医療におけるインフォームドコンセント 

▲Topへ

←治験ナビ・トップページ