患者の権利章典(米:1972年)


患者の権利章典

1960年代から、米国の医療の現場において
患者が医師の権威に盲目的に従う関係
が問題になり、
消費者運動の一環として、
「消費者としての患者」の権利を求める運動が
盛んになりました。

特に、医師側の説明義務
患者側の同意の権利が焦点になり、

1973年に米国病院協会によって
「患者の権利章典」が制定され、

  インフォームドコンセント
  患者の知る権利

が確立されました。

なお、ここでの「インフォームドコンセント」は、
「人体実験(臨床試験)」というようりも
一般的な治療におけるインフォームドコンセント
が対象となっています。

▲Topへ

→ インフォームドコンセントとは?
→ インフォームドコンセント発祥の真実
→ 医療におけるインフォームドコンセント 
→ ヘルシンキ宣言
→ ニュルンベルグ網領 
→ 情報の非対称性
→ 患者中心の医療

←治験ナビ・トップページ