ヘルシンキ宣言


ヘルシンキ宣言とは?

正式には、
ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則
といいます。

ナチスの人体実験の反省から生まれた
「ニュルンベルグ綱領」を受けて
1964年の世界医師会にて、
医学研究者が自らを規制する為に提案し、
採択された倫理規範が、「ヘルシンキ宣言」です。

ここでは、

医学の進歩の為に人体実験が必要

なことを明確に認めた上で、

被験者の利益は、
科学や社会に対する寄与よりも優先されるべきである

との原則を打ち出しています。


ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則(翻訳:日本医師会)

 → A. 序言 
 → B. すべての医学研究のための基本原則 
 → C. メディカル・ケアと結びついた医学研究のための追加原則

▲Topへ

→ インフォームドコンセントとは?
→ インフォームドコンセント発祥の真実
→ 医療におけるインフォームドコンセント 
→ ニュルンベルグ網領 
→ 患者の権利章典 

←治験ナビ・トップページ