数ある治験関連サイトで、
  ここまで賠償・補償問題について情報公開したサイトは
  残念ながら皆無です。
  というより、営利目的で被験者募集を行うサイトでは、
  絶対にできないことです。
  そもそもスポンサーである製薬企業が認めないでしょう。
  都合の悪いことは隠す、説明しない
  という体質は日本の多くの企業が未だに持っています。   

  今回、治験ナビにおいて、
  治験の賠償・補償問題を全て透明化したことにより、
  治験参加者(被験者)が集まりにくくなるかもしれません。
  しかし、患者に不利な点が結構あるのでやむを得ない措置です。

  製薬企業及び政府は、
  治験を促進したかったら、
  日本の医薬・バイオ企業の発展を望むのであれば、
  「賠償と補償」の問題にもっと目を向け、
  患者が治験に対して安心して参加できるような体制
  をまず確立するべきなのです。

治験ナビ編集長:流 音弥

▲Top

 

←治験ナビ・治験賠償補償インデックス
←治験ナビ・フレームトップページ