治験における賠償責任と補償責任の共通点

(1)被害の事実があること

   健康被害があったことが立証できなければ、
   賠償・補償の必要性自体が無いことになります。
   誰から見ても健康被害があったことがわからないような
   本人しかわからないような「健康被害」があった場合は、
   諦めるしかないのが残念です。

(2)因果関係が存在すること

   治験あるいは、治験薬によって健康被害が発生したという
   因果関係が認められること。

(3)機会原因(偶発的な原因)は除外されること

   例えば、通院途中の事故、給食による食中毒など。

(4)過失相殺が認められること

   被験者に過失がある場合は、
   健康被害による損害額に対して、
   減額あるいは支払われないこと。

▲Top

 

←治験ナビ・治験賠償補償インデックス
←治験ナビ・フレームトップページ