治験終了後も治験薬を服用できるか?

原則として
本人の希望があれば、治験終了後も、
治療上の支障が無い限り、
服用できるように手配してもらえます。

以前は、
治験が終了した時点で、治験参加者は、
その治験薬に効果のあることがわかっていても、
服用をやめなくてはなりませんでした。

また、海外で既に承認されている薬である場合は、
服用を続けるには、個人輸入などを通じて、
医師と患者の自己責任で使うしかなかったのです。

しかし、その後の当局の方針転換により、
治験終了後であっても
患者はそのまま薬を使うことができ、
万が一、副作用が出た場合には
治験中と同じく製薬会社が治療費を負担する
ことになりました。

もちろん、副作用が発生し開発中止になるなど、
治験薬の安全性に問題がある場合や、
本人の体質や疾患から、
治験薬の服用が治療上不適格と判断された場合は、
継続服用は認められません。

なお、ここで注意しなければならないのですが、、
治験終了後も、
治験薬を継続して服用できるように改められたのは、

治験に参加してくれた患者に対する感謝の意味もありますが、
本当の狙いは、それによって、
患者が治験に協力しやすくなることを期待したからです。

治験における最大の課題である「被験者集め」が
少しでも容易になるよう、
環境(制度)が整えられたという訳です。

治験に協力した謝礼としての「治験協力費」が認められたのも、
全く同じ理由です。

▲Topへ

 

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ