治験が人体実験とならない為の必要条件

疾患を治療する画期的な新薬を開発する為とは言え、

生身の人間を実験台にする
=人体実験
=ナチス、旧日本軍の人体実験

と連想されることから、
眉をひそめる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

第2次世界大戦などの反省などから、
治験及び臨床試験が「人体実験」とならない為に、
絶対に守らなければいけないいくつかの約束事が作られました。

1.治験及び臨床試験を行う医学的・科学的意義が
   十分に吟味されていること。

2.リスクと利益が比較考量され、
  あらゆる手段をつくして危険を最小限に抑えるよう努力すること。

3.治験及び臨床試験に参加してくれそうな人に対して、
  インフォームドコンセントを十分に行ってから、
  参加の了解を得ること。

4.参加してくれる人の人権と安全性を守ること。

5.治験及び臨床試験の結果得られた貴重な情報は、
  共有財産として社会に還元すること。

これらの条件が全て守られてはじめて、
人を対象とした試験(実験)が「人体実験」ではなく、
「治験」及び「臨床試験」と呼ぶことができるのです。

▲Topへ

 

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ