治験と人体実験の大きな違いは?

詳細な違いは、次のFAQに譲るとして、
最も本質的な違いについて説明します。

治験」は、
「本人の自由意思」に基づいて行われる「治療試験」
を指します。

一方、「人体実験」は
本人の意思を無視して行われる「実験」
を指します。

例え、治療目的に行われる治療試験であっても、
「本人の意向」を尊重せずに行われれば、
それは、「人体実験」である

と言えます。

その為、「治験」では
インフォームドコンセントが非常に重視されます。

▲Topへ

 
 
治験と人体実験の大きな違いは?

健康な人(健常者)を対象とする治験

また、治験の中でも、
一番最初に行われる、第T相試験と呼ばれる試験段階では、

健康な人が対象となります。

健康な人に、実際に新薬候補の治験薬を投薬してみて
安全性に問題が無いか、

徐々に投薬量を増やして行って用量の限界量はどれ位か

を調べるような試験が行われます。

治療目的で行われる「試験」では無いので、
一歩間違えば、これこそ、
「人体実験」以外の何物でもないのです。

▲Topへ

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ