治験への参加を断っても、
その後の治療に影響しないか?

治験の参加は義務ではありません。

もし、治験の参加を断った結果、治療に手を抜かれていると感じたら、
当局(厚生労働省)などに訴え出るべきでしょう。

以前は、治験参加者一人に対して○○万円という謝礼が
医師に直接手渡されていたので、
医師も治験参加者集めに必死でしたが、
現在は、治験の実施施設(病院等)に支払われ、
それが研究費という形で医師に分配される仕組みになるので、
以前程、医師自体が患者集めに熱心ではありません。

また、治験参加者の勧誘や相談の為の専任担当者として
治験コーディネーター(CRC:Clinical Research Cordinator)
を配置する病院も増えてきていますので、
上記のような問題は少なくなってきています。

もし、不安であれば遠慮なく断って下さい。

▲Topへ

 

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ