副作用を防ぐために(その2)

治験では、治験薬の飲み方が決められています。
決められた通りに飲まないことが副作用につながる場合があります。

規定量より少なければ、治療効果が無いだけで済みますが、
規定量より多く服用すれば、とても危険です。
絶対にやめましょう。
ただでも、病院等の医療施設で処方される薬は
市販薬よりも効き目が強いのですから。

アルコールやコーヒーと一緒に治験薬を飲むのも非常に危険です。

▲Topへ

 

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ