治験はなぜ必要か?

治験及び臨床試験は、
新薬候補物質や新しい治療法の候補が
広く一般に使用される前に(市販される前に)、
人に対して本当に有効なのか安全なのかを確かめる為に、
実際に健康な人や対象疾患を持つ患者に参加してもらって、
有効性(効果)や安全性を調べるために行う「試験(実験)」です。

マウスや猿を使った動物実験によって、
有効性や安全性はある程度確かめられていますが、
人間と動物とでは、化学物質の作用の仕方・効き方が異なる為、
やはり、実際に「人間」が実験台になって、
有効性・安全性を調べる必要があるのです。

もし、「人間」で有効性・安全性を確かめられずに、
新薬候補物質や新しい治療法が世の中に出て使われた場合、
予期されなかった副作用が発生して多くの人に被害をもたらし、
最悪な場合は、死に至らしめることになります。

また、実は全く効かない、あるいは、
殆ど効かない薬が投与されることにより、
無駄なお金を出費することになるだけでなく、
有効な治療を受ける機会を奪われ、
結局、病気を悪化させることにもなりかねません。

ですから、世に出る前に

1.健康な人が実験台になって、
  安全性に問題無いかを確かめる。

2.患者が実験台になって、
  有効性(効果)があるのか?
  副作用は無いのか?
  について、慎重に確認する。

というステップ(治験及び臨床試験)が必要なのです。

ちなみに、近年、動物愛護の考え方から、
動物実験を生物組織実験などに置き換える動きが
欧米などを中心に顕著に見られます。
日本でも化粧品会社などで、
動物実験をやめる企業が増えてきました。

ということは、ますます、人間による試験、
つまり治験(健常者向けの治験を含む)が重要になってくるでしょう。

 

←治験ナビ・治験Q&Aインデックス
←治験ナビ・フレームトップページ